今年は暖冬暖冬と言われていましたが、とうとうきちんとした雪が降りましたね。雪国だと対策は万全ですが、それ以外の地域は本当に雪に弱いですよねー。

 

電車は止まるし、車もチェーンやスタッドレスタイヤがあると安心だけど、普通はほとんど使わないから購入までいたっていなくてこういう時に困ったり。

 

でも、喉元過ぎればで、結局ここを通り過ぎたら今年もスタッドレスタイヤのことなんて忘れ去るんでしょうねー。で、毎年1・2回くらい困り果てる、という無限ループ。

 

だって、どうにもならないような雪って本当に少なくて、途中で雨に変わったりされると、雪初心者の私としては、もう何をどうしていいかがわからなくって。チェーンはずすタイミングとか難しくないですか?

 

以前チェーンを買った時にカー用品店で、チェーンをはずすのが遅れると、タイヤが傷つくだの、道路を傷つけるだの、なんだか色々説明してくれちゃって、それでかえってハードルが高くあがりすぎて、今までも結局そのまま何もつけずに走っちゃうっていう感じでした。

 

幸い、出勤の時に大雪に当たったことはないので、今まで特に問題なくやり過ごせてるんですが。

 

あとね、20数年前の学生時代、急坂の上に学校があって、電車が止まらない程度の雪の日にもスーツなのに、どこで手に入れたのか、かんじき(雪国で履くわらじみたいなもの)履いてるおじさんや、同じくスーツなのにスキーのストックもってスキー靴で歩いてるおじさんを見かけることがあって、それが下校時に雪がほぼ解けちゃってる道とか、それこそ雪なんてない駅にいるのを見つけちゃうと、もう滑稽というか、物悲しくすらあるんですよね。

 

かんじきは袋で持って帰れるけど、スキー靴なんて、履いてきちゃってるから、替えの靴忘れたらアウトです。残酷な年代ですから、じっくり観察しておいて、後で仲間との話の種にするわけです。

 

なので、雪の時に完全装備というのがちょっと気恥ずかしいというか、そういう気持ちもどこかにあるんです。雪がない時に滑稽に見えたくない!みたいな。

 

小学校高学年や女子高生が長靴履きたくない心理と一緒。雪があんまりないのにチェーンしてる車ってジャリジャリジャリ!と主張も大きくて、やっぱりちょっと格好悪い気がして。

 

でも、働いてみて思うのは、その人たちも遅刻したくなくてとか、事故にあいたくなくてとかで、身なり気にしてる場合じゃなかったんだろうなぁと。帰りの自分の姿なんて想像してる場合じゃないですもんね。

 

必死に働こうとしているまじめな人を笑うって、若さって残酷よねー。それとも、私たちが残酷だっただけ?

 

チェーンだって、安全に走って何が悪い!ってもんですよね。あー、でも、恥ずかしさは置いておいても、つけたりはずしたりの手間やはずすタイミングを考えるとやっぱりハードルは高いなぁ。たとえ遅刻しても、電車が正解ですかねー?って、遅刻は不正解か…。

 

で、話は戻りますが、幸いなことに、たまたま私、お休みでした。

 

なんたる強運!用があるから、雪の積もった中動かなくちゃいけないんですが、仕事となると朝早い段階で、車にするか電車にするか、電車なら通勤時間に当たっちゃうのでベビーカーか抱っこかなど色々悩まなくちゃいけないので、本当に助かりました。

 

この前、「雪の時は車での子連れ通勤はどうするか」という話題がたまたま出たんですが、「多分どうにかなるから車でいける」という楽観的な結論で終わっていました。まさかこんなに早く現実になるとは…という感じです。みんなはどうしたのかしら?私も、次降った時のために、電車利用などできちんとシュミレーションしておかないといけませんよねー。


↓励みになります^^