「ナースのお仕事的な看護師の日常」の記事一覧

いつの間にやら年末

ナースのお仕事的な看護師の日常

子供の頃は12月に入ったらワクワクしていたものですが、働き始めてからというもの、年末への思いはどんどん薄れていきました。子供が生まれてクリスマスプレゼントやケーキなんかでまたワクワク感を思い出したと思ってたけど、やってあ・・・

胃腸炎になりました

ナースのお仕事的な看護師の日常

働いている病院からついこの間、インフルエンザやウイルス性胃腸炎が出て来始めているので注意しましょうという通達が病棟に来ていました。「へー。もうそんな時期?」なんて言っていたところ、突然我が家に振ってきたノロ(多分)の洗礼・・・

人生初の胃カメラ。看護師だから自己診断したくなるけど、そこはクリニックへ。スキルス性胃がんも気になるし。

ナースのお仕事的な看護師の日常

人生初の胃カメラ 看護師って調子が悪いと自己診断しちゃう節があって、検査せずにすぐ薬を使ってしまう癖ってないですか?看護師のロキソニンや眠剤使用率って普通の人より高いと思うんですよね。調査結果があるわけではなく、あくまで・・・

ブランクだらけの30代ナースVSブランク1年半20代ナース。頭の回転と体力と

ナースのお仕事的な看護師の日常

ブランクだらけの30代ナースVSブランク1年半20代ナース 私が働き始めてから半年、前に働いていた人が戻ってきたり、配置転換で他の階からナースが来たりということはあったのですが、2月から新しくパートさんが入ってきました。・・・

震災にあったときに看護師はどこまで職務を果たしたら良いのか?自分の家族の優先度は

ナースのお仕事的な看護師の日常

震災と看護師について考えた 3月11日、5年目の東日本大震災を迎えました。私は元々は東日本の住民ですが、東日本大震災の日は主人の転勤で関西にいました。 その日は平日だったので、いつも通り仕事をしていました。検温を回ってい・・・

若い患者さんの苦悩。働き盛り40代、50代の脳梗塞、脳出血について回復期病棟ナースが考えた。

ナースのお仕事的な看護師の日常

脳梗塞、脳出血というと高齢者のものという先入観がありますが、回復期病棟には40・50代の人もたまーに入院してきます。梗塞や出血の部位にもよりますが、若い分健側の力は強いですし、嚥下機能もあまり落ちていないことが多かったり・・・

雪…車通勤の盲点。ナースは簡単・気軽には当日欠勤できないよね。個人的には雪対策完全装備が恥ずかしくも…

ナースのお仕事的な看護師の日常

今年は暖冬暖冬と言われていましたが、とうとうきちんとした雪が降りましたね。雪国だと対策は万全ですが、それ以外の地域は本当に雪に弱いですよねー。   電車は止まるし、車もチェーンやスタッドレスタイヤがあると安心だ・・・

ページの先頭へ