介護職の価値

 

私が新卒で病棟で働いていた頃は、病棟には看護師の他には看護助手さんがいて、主に患者さんの検査出しや採血を検査室に出しに行ったり、物品を取りに行くなどの雑用をしてくれていました。オムツ交換や体交、清拭は看護師の仕事。

 

あの頃から10年位経って病棟勤務に戻ると、いつの間にか病棟には看護助手さんはいなくなり、代わりにヘルパーさんたちが配置されていて、夜勤もこなしていて、ナースコール対応やお風呂介助、おむつ交換や体交をしてくれるようになっていました。新卒時は大学病院、その後に勤めたのが地方の一般病院の内科病棟、今が回復期病棟なので、それが世の中全体の流れかどうかはわかりませんが…。

 

もちろんヘルパーさんがいても、看護師も今まで通りオムツ交換や体交もしていますが、他にやるべきことがあっても、体交などに追われていたあの時代と比べると、とても助けられてます。夜勤もしているので、患者さんとの信頼関係もできていたり、私なんかよりも患者さんの情報を知ってたりします。本当にたくさん助けられています。

 

最近、保育士さんの待遇改善が叫ばれていますが、介護職の待遇改善も前から言われているものなのになかなか政府が取り組んでくれないですよね。本当に今の最優先問題だと思います。

 

ヘルパーさんは本当に激務です。下の世話もしないといけません。それに腰痛持ちだったり、腱鞘炎持ちだったりと、体に負担をかけながら働いている人たちが本当に多いです。看護師よりもコルセットやサポーター率高いんじゃないかしら。

 

でも、町を歩いていると、ヘルパー募集の張り紙があったりするけど、ヘルパーさんたちのお給料は大抵市や区の最低賃金ギリギリ。それに対して普通のスーパーや携帯ショップなんかでは1000円越えなんてザラにあります。そりゃあ、ヘルパーの人員集まんないわよね。ほとんどの人たちは、重労働や下の世話なんかしなくても高いお給料が出るほうに行きますよ。なので、多分現在の募集条件でやってくるのは本当にヘルパーの仕事が好きな人か、どこの職場でもやっていけなかった人。なんか違っている気がします。やっぱりお給料が伴わないと、仕事をやる気も出ないですよね。

 

時々施設で入居者への虐待が問題になるけれど、常識のあるきちんとした人が向上心を持って就職できるような条件にしていかないと、何度だって繰り返されるんではないかと思います。人件費が上がると医療費や介護費がかさむけれど、今後税金を増やすんだったら、そういうところにうまく使っていってほしいですよね。でないと、将来本当にロボットが介護したり、他の国の人に介護目的で大量に入国してもらうことになっていくと思う。そうさせないために家で介護が普通ということになれば、労働人口は今よりもどんどん減るでしょうから国は衰退するばかりだしね。早く改善してほしいものです。

 

でも、考えてみれば悪条件は看護師だって同じ。他の仕事の人と飲むと、「3Kなのによくやるよねー。」なんてよく言われました。懐かしいわね、3K。最初こそ一般のOLさんよりも給料高いから麻痺しちゃうけど、それは夜勤をやっていたり、休みが少ないんだから当たり前のお話。夜勤が無くなったら、多分OLさんたちと同じくらいのお給料か、むしろ安くないですか?看護師パートの時給は飲食店のバイトよりも上がらないんじゃないかしら。それなのに、OLさんと比べたら看護師の方が確実に体ボロボロだし、感染する可能性あるし、訴えられる可能性もあるし、割に合わない!それに、最近は男性の介護士や看護師が増えているけど、介護・看護職の旦那さんだけで家族を養うのは厳しいっていうのは、世間は知らないかもだけど医療職では当たり前のお話です。役職がつきにくいですし。給料の上がりも緩やかだし。せめて激務に耐えてがんばっている介護・看護男子に結婚の希望を持たせるくらいのお給料をあげられるようにベースアップを望みます!


↓励みになります^^